プリザーブドフラワーは初心者にも優しい

プリザーブドフラワーは、非常に扱いやすいので初心者でも問題なく世話をすることが出来ます。
ドライフラワーのようにすぐに枯れてしまうといったこともないですし、お水を与えることもしないので楽です
お水を与えてしまうと脱色してしまうので、充分ご注意を。
また、直射日光にも弱く劣化してしまう原因となるので、日光の当たらない場所に飾ってあげるようにしてあげてください。


プリザーブドフラワーは人気ある店で

プリザーブドフラワーを初めて頼む人は、人気ある店で注文した方が安心です。
商品の写真が見にくかったり、連絡先がわからないお店ではトラブルにも繋がりやすいので注意しましょう。

管理人オススメのプリザーブドフラワー専門店はこちら
誕生日

プリザーブドフラワー専門店 フローラルスリール

http://www.floralsourire.net/

人気なお店なら、商品の数も多いでしょうし対応も丁寧にしてくれますよ。
最初は人気ある店で気に入ったものを購入して、少しずつプリザーブドフラワーについて知ったら次の段階へ。


ネットで検索を

プリザーブドフラワーを飾るときは、その扱い方について調べておくことをおすすめします
その通販サイトで取り扱い方を確認するのもいいですし、扱い方について検索するのもいいでしょう。

どのように扱うと長く保つことが出来るのか、色々情報を集めて飾るようにしてみて。
比較的にどなたでも扱いやすいようになっているので、ぜひ皆さんも飾ってみてはどうでしょう?


湿気の多いところにプリザーブドフラワーを置くコツ

プリザーブドフラワーは樹液などを一度抜き出す加工を行われています。この時に色も抜いているため、後から人工的に染色されたものとなっているのです。そのため、湿気などで色移りを起こす可能性があるなど、プリザーブドフラワーの弱点に湿気が挙げられるそうです。


【ケースにプリザーブドフラワーをいれる】

それでもさみしくなりがちだったり、殺風景になりがちだったりする空間はトイレやキッチンなど水気の多い場所になるかと思います。このような場所に飾るのであれば、ぜひプリザーブドフラワーをケースに入れて飾ってください。ケースは雑貨店などでも購入できますし、ラッピングで利用された透明のケースでも大丈夫です。人気ある店では、ケース入りのものも多く商品があると言われるそうです。ほこりなどもケースを拭き取れば終わるので、掃除の手間も省けます。直接湿気に触れない工夫をするだけで、ずいぶん長持ちすると言われています。


【直射日光は避けよう】

ケースに入れても、どうしても避けたいのは直射日光です。お花の色があせてしまうなどの原因になります。窓際などであればシンプルなカーテンを引くなどの工夫をしましょう。また日光に当たりやすい場所に置く場合は、温度の変化にも気を使ってください。人間が心地よくいることのできる場所が理想的と言われています。